9、二重まぶた 再手術 一重まぶた手術も!?

最近二重まぶた整形失敗による患者らの再手術相談が増加しているという。
二重まぶた手術以後期待しただけに満足度が高くなかったり以前がより良いといった周囲の反応にストレスを感じてまた以前の目に戻そうとするケースまた少なくない。
また、二重まぶたでない目を好む社会的雰囲気の中で、男性らの間ではややもすると二重まぶたは負担になって油っこく見えるとして、もともとの二重まぶたをなくしたいという人もいるのだ。
最近では目の二重まぶたをしないで目だけ鮮やかにという手術方法が流行しながら再手術を望む女性患者と男性患者らの問い合わせが続いている。
二重まぶたを解く手術は1時間程度必要とされて手術後時間は二重まぶた手術の1/3程度だから回復がはやい。
二重まぶたなしで目だけ鮮やかにしたり傷跡なしで二重まぶたを解く手術を受けた男性患者が昨年に比べてかなり増えているようで、二重まぶた再手術を求める女性患者数も同様にかなり増加しているそうだ。

二重まぶた、二回失敗はないように、 二重まぶた再手術について正しく知っていた方が良い。
10年前には整形手術は決心さえ容易ではないことだった。だが、最近では整形事実を堂々と公開する芸能人らが多くなりながら整形に対する拒否感は殆どなくなった状態だ。その中で最も普遍化した整形は断然二重まぶた手術だ。目の整形は最も多くの人々が探すものの中で回復期間が短いながらも大きい効果を得ることができて脚光を浴びている。
しかし多くの人々がするだけに二重まぶた手術に対してやさしいと考えるから再手術もまた、多いことが現実だ。二重まぶた再手術を受ける代表的な理由では二重まぶたが非対称で形成された場合、とても簡単に解けてしまった場合、二重まぶたラインがとても高かったり低い位置だった場合、そして傷跡が濃い場合などがある。自然な二重まぶたラインを望むが結果的に不自然に形成される場合が多い。
二重まぶた再手術は初めての手術に比べて手術時間も長くかかって難しいから高度な手術テクニックが必要だ。初めての手術結果を綿密に分析して再手術の時期と方法などを考慮して自然な二重まぶたラインを作り出さなければならないためという。
二重まぶた再手術は初めての手術をした後6ヶ月ぐらいまで待つことが一般的だ。手術した部位が頂上組織のようにやわらかくなろうとするなら、それだけの期間が必要なためだ。一般的に6ヶ月が過ぎれば大部分の副作用は再手術で校正することができる。手術時間は目の形態と副作用の程度などにしたがって1~2時間程度必要とされる。 目に大きい損傷を受けた場合でなければ手術後約2時間くらいは安静がひつようだ、
二重まぶた再手術で最も重要な部分は皮膚の余裕分だ。これは手術の可能性を計るのに大変重要な要素の中の一つで初めての手術で皮膚をとてもたくさん切除してしまった場合、再手術のためには時間が過ぎて皮膚余裕分ができる時まで待つ方が良い。
整形手術は初めて計画したように成功すればコンプレックスも克服して、自信を取り戻して人生に肯定的な影響を与える。反面失敗すればかえって整形前よりより大きい苦痛を受けることになる。再手術の場合は特にすでに一度失敗した手術の再建を通じて克服することで、それだけさらに慎重に判断するべきで再手術が失敗する場合を受けることになる苦痛と心理的なストレスはより一層加重されるだろう。
すべての手術がそうであるように最初の手術で自身が願う自然で美しい結果を得ることになれば良いが、意外に失敗をすることになったとすれば再手術可能の有無、時期などを決める段階から必ずその分野の専門医と体系的な相談を通じて決めていくことが重要だ。

 たとえ整形に失敗したとしても、大部分の場合は再手術を通じて克服が可能だ。 失敗によって挫折するよりは自信を取り戻そうとする努力が必要だろう。