6、プロアクティブの最強ラインナップ

15年間にきび治療分野を先頭してきたプロアクティブ(Proactiv)がより一層新しくなったフォーミュラーの新製品をリリースした。新しくなったプロアクティブ ラインはマイクロ-クリスタル(micro-crystal)過酸化ベン組である成分を含有してより一層効果的ににきびを治療する。 詰まった汗腺まで浸透するようにデザインされたこの成分はプロアクティブ製品が初めて発売された以後最も大きい変化という。この新しい成分により消費者らはより一層はやいながらも皮膚に負担を与えないにきび治療効果を期待できることだとプロアクティブ側は明らかにしている。
顧客らはこの機会を通じてプロアクティブの専門家たちから多様な案内と支援を受けられるしまた、プロアクティブ のウェブサイトを通じてもオンラインで説明と支援を受けられるという。

プロアクティブには他にも色々な商品ラインがある。
オイルプリモイスチャーとリファイニング マスク
3stepだと広告をしている。
1番目 ナイトクリーム
ナイト クリームが50gでデイリーローションよりはナイト クリームがさらに効果あるという口コミだ。
先にクレンジング。微粒子が入っていてスクラップ効果があり、殺菌効果もあるという。これを何日使えばとてもなめらかな皮膚が感じられる。一度プロアクティブの使用をやめた人が再び肌の調子が悪化したので再度プロアクティブを購入するという話はよくある。
微粒子はとてもこまかい、アメリカは白色で臭いも特異だ。アジアは緑色なのに加えハッカ香餌出る。
アメリカと違って心配もあるが効果は全く同じであるようだ。

2番目にトナー.
クレンジング後のパッティングをする時消毒効果をみることができる。これはやはりどこででも有名なのかアメリカ製品と完全に全く同じだ。
久しぶりに使った時感じられるなつかしい臭い。消毒効果がどれくらい優れているかというと化粧綿がまともに溶けてしまうくらいだ。

3番目のナイトローションとデイリーローション
クレンジング、スキン後使用すればまともに効果を見ることができるナイトクリーム。アメリカ製品と同じ、なぜ50gで30gに減ったのか理解が出来ないが。
ケースも特異で、とても不便だ。
過度な量が出てくるのは良いが、後ほど固まってしまうこともあり、 それが結構もったいない。 
デイリーローション
しっとりとした皮膚を維持するための製品。薬にそのような用途に出てきたローションならばにきびが出なかった部位にも塗ってもかまわないこと同じだけれど、製品説明書には必ずにきび部位にだけ塗れと出ているから分からない。
重たく広げることに吸収となる気よりは塗って後ほど自ずから固まって消える感じというだろうか、香りは良い方だ。
日焼け止め15
この製品は 言葉どおり補習用途だが紫外線遮断機能があるデイリーローションであることだ。
初めには白濁現象があったりするが徐々に消える。 臭いも悪くはない。

4番目 リファイニングマスク
かなり効果がみられるリファイニング マスク。にきびが出た部位に全体的に塗ってから10分程度待って水で洗い落とせば良いという。スディンマスクが落ち着く。
にきび出たところを沈めるという目的で毎週2~3度使えば良いという。 28gしかないがなかなか長持ちする。
額と鼻に塗るけれど鼻は塗る必要がないが予防として塗ってもよい。
真のプロアクティブ製品のまた他の良い点は 鼻のフィジーが消えるということだ。これを使う前までは鼻を触った時フィジーの感じがあるがこれを使った後はつるつるする。

それでもきれいになって黒い後はまだちょっと残っているが、触った時何の感じも出ないというのは本当に気分良いことだ。 もう少しスクラブをもう少し熱心にこすれば黒ずみは徐々に消えるのではないかと思う。