7、二重まぶた手術の副作用

二重まぶたの手術によって、美しく変身して、これからバラ色の人生を歩もうと胸をおどらせている場合ではない人もいる。それは二重まぶたの手術によって、起こってしまう副作用があるからだ。
例えばこんな症状がある。寝ているときに目を開けて寝る人がたまにいる。でも本人は寝ているのだ。「目を空いて寝ていたよ。」と言われそれがコンプレックスに感じる人もいる。常に目を開いて寝る人のほとんどは、幼い時から寝ていることを疑われる事もよくあって、目を開いて寝ていることをどうにかしたいと思うようだ。寝る時目がまともに閉じていないためなのか目がしばしば疲れて、天気が乾燥するときは眼球乾燥症状も激しいという人もいる。 どのようにすればこういうウサギ目を治療することができるのだろうか?

このように目がまともに閉じない現象をウサギ目症候群といったりする。 ウサギ目は二重まぶた手術を何回も受けたり、まぶたを上に上げる二重眼瞼手術を受けた場合、副作用で現れることがある。 主に二重まぶた手術を反復的に受けて目周辺の筋肉が弱くなった時現れるが、先天的に目が大きかったり眼球が飛び出している人の場合疲れる時しばしば‘ウサギ目’が現れたりもするそうだ。 こういった場合まぶたの筋肉が目全体を覆うことができないためで、高度近視の人は症状が激しくなれば眼球が前後に長くなってしまうという。

一時的なウサギ目は特別に治療する必要がないが、持続する人、寝る間に目の黒い部分が見えるほど激しい人の場合には眼科相談を受けてみなければならないだろう。ウサギ目症状が激しい場合、涙の量が減ってこれによって眼球乾燥症が生じることがあって眼球が空気中にそのまま露出するから角膜が損傷して結膜炎にまで達することがあるという。

持続的なウサギ目のために眼球乾燥に苦しめられる人の場合、濃縮された人工の保湿性の目薬を十分に塗って就寝したり、睡眠マスクを着用することによって眼球乾燥症を緩和させることができる。

ウサギ目は特別な予防方法がなくて、二重まぶた手術の副作用により平常時にも目をよく閉じることができない場合には角膜が傷つかないようにソフト コンタクトレンズを着用するなどの方法がある。

また目が開かないで眠たそうに見えてしまうという二重まぶた手術による副作用も存在する。
二重まぶたをして自分の美を求めることは最近では珍しいことではない。だがやはり手術をしてうまくいかず副作用が出てしまう場合もあるのだ。2年前二重まぶた手術を受けたが副作用が発生して対人忌避症まででてしまった人もいる。
彼女はおよそ1年は外に出て行けず、たまに外に出て友人に会いに行けばまわりの人が私だけを見るような恐怖心がおこり、帽子をかぶらずには外には出て行けない。メガネも必ず着用していくという人がいた。
症状としては、二重まぶたの幅が過度に大きくて両側二重まぶたの大きさも違ってしまったそうだ。本人が願わない二重まぶたが三重にもなってしまったという。
この原因としては、病院側と患者との対話が充分でなくて大きい二重まぶたができた上に、三重のまぶたは手術の失敗によってできてしまった。

これはデーターでも数字に出ていて、二重まぶた手術の全体の2割は副作用被害がでたという。
二重まぶた手術後発生する副作用では二重まぶたの幅がとても大きくて左側と右側の二重まぶた大きさが違う場合、二重まぶたラインの下がいつも沈んでいて目がよく開かないで眠たく見える場合が代表的という。
二重まぶた手術の副作用は絶対他人事ではない。このように副作用を予防するために手術前に十分に相談を受けなければならなくて熟練した医者に手術を受けた方が良いのだ。
自分が服用している薬が特別な作用があるか、体質がどうなのか、そうしたこと全てにおいて医者に話さなければならなくて、経験ある整形外科専門医なのか確認をして手術を受けなければ満足するほどの結果を得ることはできない。

二重まぶた手術を受ける方は手術で発生する副作用と手術の限界、特に副作用が発生すればどのように対処しなければならないのかに対しても手術前十分な説明を要求するべきだ。
また二重まぶたテープは1,2度で使ったら処分すべきで、ずっと使う場合、皮膚を引き伸ばすのはもちろん接触性皮膚炎にかかったり激しければ皮膚怪死までくることになりかねない。

二重まぶた手術は単純ではない、手術を受ける際には十分すぎるくらい確認すべき事がたくさんあるのだ。