4、透明さとカバー力が大事なベースメイク

透明でカバー力あるベースメイクは何段階を経ながら細心にメイクしていかなければなりません。ひとまず皮膚がしっとりしているようにみられるようにパールのベースメイクを塗って下さい。そしてリキッド ファンデーションをとても薄くおいて塗って下さい。細かいほくろを隠すということでなく皮膚の色を整理するという気持ちで。その次にコンシーラーを利用してカバーするが、コンシーラーは調節が重要なのでブラシで少量をとって塗って指で展開します。 とても小さい細かいほくろ一つまで全部隠そうとするなら化粧が厚くなるから、眼に触れるいくつかだけ消しても肌が一層きれいに見えます。そしてパールが混ざったピンク パウダーで終えて下さい。
皮膚がしっとりとした状態だけでよく入り込んで浮き立たないですから。それでベースメイクをする時、スキンで皮膚を整理してアイクリームで目じりに栄養を与えて、ローションを塗る形で基本的なケアをした後、皮膚状態によりベースメイクを選択します。例えば、目立つ毛穴をカバーしたい時はメイベリンベースメイクが適当でしょう。そしてファンデーションを塗ってパウダーで仕上げます。また、一つ! 細かいほくろカバーのためにピオテム ファンデーションを部分的にコンシーラーで使うのにとても自然にカバーされるそうです。
初めてメーキャップを習う時は段階別で製品をとても几帳面に塗らなければなければならないと習いました。だが、そのように重ねてかぶせてみると、化粧が厚くて人為的であることは当然のこと。今は段階を減らし製品も少量だけ使います。先にパールのベースメイクと紫外線日焼け止めを顔全体において塗ってリキッド コンシーラーを目の下、小鼻、口周囲に塗って皮膚の色を整理します。 次につやつやしやすいTゾーン部位にだけパウダーを塗るが、ブラシを利用すれば調節もできるそうです。部分部分塗れば境界線が見えたり一つになることができるが、練習を通じてテクニックを習うことができます。
メーキャップを習うとわかるが、日本のメイク業界はベースメイクを本当に重要視します。そしてコンシーラーを重要だと考えます。多くの人達が面倒だという理由でコンシーラーをしない人も多いし、ベースメイクも適当な人が多いです。透明肌を手に入れようとするなら多様なコンシーラーを活用することができなければなりません。推薦製品は五種類カラーのメーキャップ フォーエバーコンシーラー パレット.①Tゾーンにハイライトを与える時、②ダーク サークル カバー③そばかす ④日差しをカバーする時、⑤赤みが広範囲に広まっている場合などに使えば良いのです。参考でいうとベースメイクは皮膚が乾燥する場合にだけ使って下さい。
化粧崩れしやすいTゾーン・目の下・あごは、できるだけベースメイクを薄くしてださい。そして何もついてないスポンジで余計な脂をとってください。下地が重くなるとメイク自体が厚塗りになってしまいます。そして薄い方がメイクの持ちも長持ちできます。リキッドファンデーションも同じ効果があります。なるべく脂が出る部分は薄く塗っておしろいなどのお粉をはたきましょう。

きれいにメイクするためには下地ベースメイクがなによりも大切です。基礎ができていると表面で美しく色が生えてくるのです。