8、二重まぶた手術が美の為だけではないケース

夏季休暇や正月休暇などの大型連休で20~30代の職場女性たちが整形外科を頻繁に訪れる傾向がある。
特に進級や自分自身の容貌変えることに対する相談のための場合が大部分だ。この休暇中、または春先などの進級や転職などで環境が変わる事を期に自分自身の容姿も変えようとする。
整形外科を探す女性たちは鼻整形手術(わし鼻手術)と目整形手術(二重まぶた)、胸整形手術(豊胸)など全般的な整形手術に対する相談をする。

その中でも人にとって目があたえる第一印象が重要なので二重まぶた手術の一つだけで顔の全体的な輪郭が違って見せることができるので二重まぶた手術に対する相談が増えている。

目の形態特に二重まぶたにしたがって多様な印象と第一印象を相手に与えることができる。 もちろん目がその人の全てのものを見せることにはならないが第一印象で人を判断する重要な指標になったことは事実だ。

特に、多様な人々との出会いが多い、若い20~30代であるほど二重まぶた手術を望む場合が多いという。 良い印象を与えるための美容整形外にも目は身体の機能的な側面で大変重要な役割をしていて自らの機能を整えるために二重まぶた整形が必要な時がある。

特に、二重まぶた手術を相談しにきたが、まぶたが上下にまともに動かなくて目を開いて閉じることさえ不自然な場合、目をまともにあけるために印象をしばしばしかめることになり二重まぶた手術が必要な場合がある。
こういう場合には額にシワも増えることになるのに一般的に眼瞼下手症を病む場合が多い。
こういう場合、二重まぶた手術をすることになれば額のシワは自動的に消えることになる。 上の場合のように二重まぶた手術を受けに病院を訪れた顧客らと相談を進行してみれば本人は単純に美しい二重まぶたを作るという考えだがかえって眼瞼下手症を病んで手術が必要な患者らが意外に多くの場合を見ることになる。

眼瞼下手症はまぶたがまともに作動しなくて目があまり開かないことで目を開く筋肉が損傷を受けたりこの筋肉が機能を正しくすることができない場合に発生する。
眼瞼下手症患者らの特徴はズワイガニ額にシワができるほどしばしば額を引き上げたり、正面を眺める時あごを褒め称えたりして、まぶたが目の黒目を覆って常に眠たいように見える。
眼瞼下手症手術は一般に二重まぶた節操法と似ているが、矯正手術を施行して巻かれたような目を大きく開くようにさせる手術だ。
普通患者らは二重まぶた手術が簡単だと思っているが整形外科医師らにあっては最も難しい手術の一つが二重まぶた手術だ。

その理由は二重まぶたは単純に目にラインを作るのではなく目の機能的な側面を回復させる一方、美学的な側面では顔全体と調和を作り出さなければならないためだからである。