3、ベースメイク ブランド別

メイクはベースメイクがしっかりされてこそ生えてくるものである。ベースメイクを怠ってはいけない。人気があるベースメイクはやはりそれだけの効果を生み出す事ができる
そしてベースメイク製品がよく売れると噂になっている4つの有名ブランドがある。 それらのベースメイクの製品と活用法、そして必ず守らなければならない基礎メーキャップの基本とはどんなものだろう。
以下のブランドはとても有名だが、名ばかりだけではなく使ってみる価値のあるベースメイクばかりなので参考にしてほしい。

ジョルジオ・アルマーニgiorgio armani
item_デザイナークリーム ファウンデーション
今年の冬には夜明けに今しがた降った雪のように清涼できれいながらも豪華に光を放つ感じの肌を提案する。一般的な東洋人の黄金色の皮膚のトーンを基準として過程を話そうとするなら先に冬季には主に室内で生活するから皮膚がたやすく乾燥されるので基礎段階で水分と油分を十分に補充してくれる。 それからジョルジオ・アルマーニのマスターコレクト4度グリーン色ベースメイクを利用してみる部位のトーンを軽く補正してくれる。 スーパーモイスチャーが入っているジョルジオ・アルマーニのデザイナークリーム ファウンデーションをブラシを使って額と見る、あご下の方に伸ばして塗る。 内側で外側方向で塗って、一方向で席巻して出すように塗るより色々な方向ではやい手つきで塗ってこそ跡が残っていなくて毛穴を効果的に埋めることができる。 若干輝くことを望むならばハイライトを少しずつ何度も張り重ねて輝く程度を調節すること。

シャネルchanel
item_イノサンス プルルイドゥ
ファウンデーションを塗る前にホワイトニング メーキャップ ベース(ベースメイク)を塗れば被筆きめがより一層整頓されるとみられることができる。イノサンス プルルイドゥはきつくなくて十分に水分を含んでいるテックスと本来皮膚と大きく異ならなかったカラートーンでなめらかな皮膚表現を可能にするベースメイクだ。 ファンデーションだけで不足するならばリキッド ハイライトインエクルラリュミエールをダーク サークルと頬骨の上、鼻、あごに塗って微細な輝きを加えて顔が全体的に明るくて立体的に見えるようにする。 何か張り重ねるほど本来皮膚より厚くなるのは仕方ないが、重要なことは張り重ねながらますます明るくなって軽く見えるようにすることだ。 それでホワイト色のルージュ パウダーを伸ばして塗ってすべすべしながら白く光る皮膚で終える過程が必要だ。

ローラ メルシーにlaura mercier
item_ファンデーション プリマーミネラル

まずスキンケアで整頓された皮膚の上にファンデーション プリマーを伸ばして塗る。この時、指を利用すれば製品が皮膚にだんだん巻かれるのをまともに感じることができて、毛穴が広い部位に二三度張り重ねれば少しの間だけでも広い毛穴から解放感を満喫することができる。もちろん周辺の皮膚の色で大きく抜け出さない線で塗らなければならない。 また、若干きついベースメイク製品と共に使う時はプリマーに混ぜて使えばもう少し滑らかに塗ることもできる。 しっとりとしたスキンケア製品を使ってつやつやする額に塗れば遺品期を捉えてくれてメーキャップをすっきりとできる皮膚状態を作る。 急にメーキャップを修正しなければならない時はメイクをした状態でミネラル プリマーを利用して顔を磨いてその上にベースメイク製品を使えばあまり化粧崩れはしない。